糖尿病の予防にはお酒!?妊婦糖尿病は早期対策!?

 

年々患者の増加傾向にある糖尿病ですが今の医療では完治しない非常にやっかいな病気。

糖尿病の発症する多くは生活習慣の乱れによるものが多く現代の社会環境が大きく影響しています。

大人の病気という印象の糖尿病ですが、子供や妊婦にも増加傾向が見られており心当たりのある場合は注意が必要。

大事なのは糖尿病予備軍の段階で早期改善する事です。

Sponsored Links

糖尿病には種類がある?

 1x1.trans 糖尿病の予防にはお酒!?妊婦糖尿病は早期対策!?

糖尿病には大きく分けて2種類のタイプがあります。

1型糖尿病2型糖尿病です。

1型糖尿病(インスリンが体内で作り出せない糖尿病)

内でインスリンをまったく作ることが出来ず体内のインスリン量の絶対値が足らない状態。外部からインスリンを投与し対応しなくてはならない。

インスリン依存型糖尿病とも言われている。

主な症状

・喉の渇き ・尿意を感じることが増える ・体重が急に落ちる ・疲労を感じること増えるなど

原因

明確な解明には現段階では至っていない

・体質的なもの、すい臓が正常に機能せずインスリンがつくられない。

・糖尿病患者の10%が1型糖尿病

2型糖尿病(インスリンが体内で十分に作り出せない、作り出されても十分機能しない糖尿病)

体内でインスリンは必要不十分な量で作られ絶対値が足らない、又はインスリンが作られてもしっかりと機能しない状態で食事改善、運動、内服薬などで対応。

インスリン非依存型糖尿病とも言われている。

主な症状

・目がかすんだりボヤける ・皮膚が硬く乾燥している ・尿意を感じることが増える ・手足の先に痺れや痛み、麻痺の症状 ・感染症にかかりやすくなる ・疲労感 ・倦怠感 ・外傷の治癒力低下 ・性機能低下(ED)

原因

・肥満

・ストレス

・運動不足

Sponsored Links

・中年から発症率が増えてくる

・妊娠時に糖尿病

・高血圧

・遺伝

・糖尿病患者の90%が2型糖尿病

糖尿病予防にはお酒を控えた方がいいの?

1x1.trans 糖尿病の予防にはお酒!?妊婦糖尿病は早期対策!?

 以前からお酒は百薬の長などと言われ糖尿病にもアルコールを摂取した方が体に良い、体に悪いという正反対の意見がでています。

現段階では明確な解明されていないのですが、国立がん研究センターの調べによるとお酒を飲まない人に比べ毎日1合以上飲む人の方が糖尿病になる確率がぐん高まると言われております。

なぜならお酒に含まれるアルコールは高血糖を引き起こしたり、食欲旺盛にしたり、合併症を誘発したり、インスリン注射や、内服薬の効き目を薄めるなど非常に影響が大きいのです。

医者から完全にドクターストップがかかっているなら絶対に禁酒するべきと思いますが、そうでない場合ならお酒の飲みすぎに注意しうまくお酒と付き合って行ければ問題ないです。

例えば週末だけ必ず1合以内(理想は1日で30ミリリットルです。)で抑える、ウィスキーなどなるべくカロリーの低いものを飲む、イベントや祝い事の時は飲むなど工夫していきましょう。

※30ミリリットルの目安はビールだと大瓶1本、ワインだとグラス1杯、日本酒だと1合、ウィスキーシングル水割り2杯

※飲み過ぎは心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす可能性もあります。

 

妊婦も注意が必要!?妊婦糖尿病の増加傾向!!

1x1.trans 糖尿病の予防にはお酒!?妊婦糖尿病は早期対策!?

お腹に自分の子を宿し、誕生を心待ちにしている幸せな日々、しかしそこにも注意しなくてはいけない問題があります。

それが妊婦糖尿病です。

 

妊娠糖尿病とは

・妊娠中毒症になりやすい

・流産の可能性

・早産の可能性

・産後赤ちゃんの低血糖や呼吸困難の危険性

・赤ちゃんの発育不全・奇形の可能性

・肝臓、目の合併症の危険性

・胎児が巨大児で難産の危険性

 

 妊娠中の注意点と予防

・妊娠中は食欲の増加傾向も見られますが糖分の多量摂取に注意しましょう。

・赤身肉や加工肉の摂取はリスク增に繋がります、魚、豆類、野菜、ヨーグルトなどをメインの食事に改善しましょう!

・運動も立派な予防策ですが当然激しい運動はNGです。ウォーキング程度d無理なく続けていきましょう。

糖尿病予防の食事は簡単!たまねぎは血糖値に効果的!?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ