睡眠不足症候群は悪影響!原因と改善方法とは!?

1x1.trans 睡眠不足症候群は悪影響!原因と改善方法とは!?

毎晩ぐっすり寝ているのにお昼をすぎると急に来る眠気・・・

「お昼ご飯を食べた後だから眠くなる」と簡単に考えていてはいませんか?

実はそれ、睡眠不足症候群の可能性があるかもしれません。

Sponsored Links

睡眠不足症候群の原因とは?体に悪影響?

睡眠不足症候群と聞くと自分は大丈夫と思われる人が多いのですが、

自覚症状がなく、医療機関で診断されるパターンが増えております。

この症状は慢性的に日中に強い眠気を引き起こし、悩ませるのですが、

ただの眠気と軽く考え、放置している人が多いのです。

 

しかし症状が悪化すると、脳の働きの低下に伴い思考力の欠落、

ボーっする、正常な判断が出来ない、強い疲労感、無気力、

食欲不振、胃腸障害、筋肉痛、精神的不安定、落ち着かない、

イライラする、他者への攻撃性、うつ病の発症

などの症状を引き起こす可能性があり油断できません。

 

なりやすい人のパターン

・スケジュール多忙な人

主に仕事や学校が忙しく多忙な人にケースが多く、家に帰る時間も遅く、寝る時間も

遅いことから睡眠不足に陥っています。

真面目な人、上昇志向な人、勤勉な人、多彩な趣味をもつ人、

完璧主義の人、几帳面真人

に多く当てはまります。

 

・夜更かしをする人

布団にはいってからもすぐに眠ろうとせずテレビを見たり、ゲームをしたり、

携帯電話をイジったりして睡眠時間がどんどんなくなっていくケースです。

自己管理が苦手な人、時間にルーズな人、マイペースな人

に多く当てはまります。

 

・睡眠時間の長い人

睡眠不足症候群には縁が無いと思われるかもしれませんが、

実は睡眠時間をしっかりとっていても睡眠不足症候群と診断されます。

1日10時間以上の睡眠を必要とする「長時間睡眠者」

日常的に8時間~10時間の睡眠が必要な「長時間睡眠傾向者」

この場合日本人の平均睡眠時間7時間を眠っても睡眠不足で眠くなります。

Sponsored Links

 

子供にも睡眠不足症候群が増えている?

1x1.trans 睡眠不足症候群は悪影響!原因と改善方法とは!?

一見大人がかかりやすいイメージの睡眠不足症候群ですが、

最近は子供の間にも増えてきているのです。

その背景には現代社会の環境が大きく影響しています!

 

・夜型化する子供達

昔と違い現代は様々な24時間化が進んでおります。

昔はテレビぐらいしかありませんでしたが、現代では

テレビ以外にもゲーム、携帯、インターネット、漫画、など

ついつい夜更かしをしたくなる誘惑がたくさんです。

 

・子供の睡眠障害

子供にとっても睡眠は大切なこと。

睡眠不足が続くと睡眠中の成長ホルモンの分泌が行われず、

成長の遅れ、疲れやすい体質、精神的不安定、集中力の欠落、

などを引き起こし将来に大きく影響する可能性があります。

又、睡眠障害に陥ると、

「睡眠時無呼吸症候群」となり

肥満、糖尿病、高血圧などの生活習慣病を合併する可能性があります。

 

子供の将来を守るためにも大人は子供の食生活の見直しや生活習慣を

見直す必要があるかもしれません。

 

睡眠不足症候群の対策とは?

1x1.trans 睡眠不足症候群は悪影響!原因と改善方法とは!?

解消方法はやはり睡眠時間をしっかりと取ることです。

まずは日本人の平均睡眠時間7時間をしっかりと睡眠に当てましょう。

 

快適な睡眠時間を作るためには寝る前にリラックスしていなくてはイケません。

お風呂はシャワーではなく湯船にしっかりと浸かり、血行をよくし体を温めましょう。

寝る前にコーヒーなどを飲んで体内にカフェインを取り入れないようにしたり、

タバコなどの刺激物は眠る前は控えましょう。

 

 テレビ、ゲーム、インターネット、携帯なども画面の光が眠気を覚ましてしまうので

遠ざけるようにして下さい。

 

最後に

 それでもお昼に眠気が襲ってきた場合は、無理に眠気を抑えず20分程睡眠をとりましょう。

20分程の睡眠は頭をスッキリとさせる効果がありその後の仕事や勉強の効率がグンっと上がります。

眠気覚ましの方法は!授業中に効果的!?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ