妊娠中の睡眠不足は胎児にも影響が!?不眠の原因と解消方法とは?

1x1.trans 妊娠中の睡眠不足は胎児にも影響が!?不眠の原因と解消方法とは?

不眠症の増加傾向にある現代社会ですが、

妊婦の睡眠不足も増えております。

ただの睡眠不足と思って放っていると、

お腹の中の赤ちゃんにも影響がある場合もあります。

ですので軽く考えず睡眠についてしっかりとした対処が必要なのです。

Sponsored Links

妊娠中の睡眠不足の原因と解消方法とは!?

妊娠中はホルモンバランスの乱れにより体型や体質に変化が見られ様々な悩みが出てくるものです。

そして睡眠に関する悩みも、その一つなのです。

しっかりと睡眠をとらないと体調不良や、貧血でふらついてしまい、

お腹の中の赤ちゃんに何かあったら大変です。

 

では何故、妊娠中は睡眠不足に陥りやすいのかというと、

理由は1つではなく様々な原因があります。

 

疲労からくる睡眠不足

近年、妊娠しても働く女性が日本では増加傾向にあります。

しかし、妊娠中の女性というのは妊娠前に比べ、体力を消耗しやすく

回復にも時間がかかるものです。

しかし仕事上、なかなか休憩や仮眠を「取らせてもらえない」、「言い出せない」状況も多く、

疲れが蓄積されて行くのです。

妊娠中は妊娠前と違い体力がない、回復が遅いという事をしっかりと自覚し、

無理をせずこまめに休憩や仮眠を取れる環境を作ることが大切です。

 

つわりからくる睡眠不足

つわりになると食欲がなくなったり、お腹がすくのだけど臭いが気になってしまい

食べれない場合があります。

又、食べ物の好みも変わる場合があり、好きだったものが食べれなくなったりと逆の場合もあります。

つわりにより食が細くなると睡眠時間が浅くなる事があり、

夜、目が覚めて昼間に眠くなったり、

昼間、長時間睡眠をとってしまい、夜が眠れなくなるなど、

生活リズムが変わってしまう事があるのです。

生活リズムを整えてしっかりと夜に眠れる環境をつくる事が大切です。

固形物などが喉を通りにくい場合は、ヨーグルトなどの食べやすいモノを

選ぶと良いでしょう。

1x1.trans 妊娠中の睡眠不足は胎児にも影響が!?不眠の原因と解消方法とは?

 

情緒不安定からくる睡眠不足

妊娠中の妊婦さんは非常にデリケートで神経質になりがちです。

これは赤ちゃんが体内にいることで出産に対しての不安や喜び、

外部から身を守る為の防衛本能など様々な感情が入り交じっているのです。

Sponsored Links

特に初めての出産となると何もかもが未体験で不安や緊張も相当なものです。

 

体の体質の変化や環境の変化にもストレスを多く感じてしまう事もあります。

精神的な事からくるものでありストレスの原因は人によってそれぞれです。

しっかりとストレスの原因と向かいあい対処する事が大切です。

 

頻尿からくる睡眠障害

妊娠の初期と後期に頻尿になるケースが多いのです。

妊娠初期には子宮が大きくなり膀胱を刺激してしまいます。

妊娠後期には赤ちゃんが下の方に降りてくるので膀胱を刺激してしまい。

膀胱を刺激されると人は尿意を感じトイレが近くなるのです。

このため、睡眠中のトイレが頻繁になり、ぐっすりと寝付けない日々が続いてしまいます。

 

就寝前になるべく水分を取り過ぎないこと、利尿作用のあるお茶やコーヒー紅茶を飲まないこと、

果物を食べない事などに気をつけましょう!

注意して欲しいのはトイレを我慢すると膀胱炎になる可能性があるので、

面倒くさくてもしっかりとトイレに行きましょう。

尿意はどうしても生理的に仕方がないものなどで状況を受け入れる事も必要です。

 

張りや浮腫からくる睡眠不足

妊娠中はお腹が張ったりする場合があります。

特に疲れがたまっている時に睡眠をとると、夜にお腹が張ったり、足がむくんで

目が覚めてしまうのです。

昼間の疲れを軽減させる事や脚のマッサージ、入浴、ウォーキングなどで解消しましょう。

 

熱中症の症状に吐き気と寒気!?赤ちゃんは夜でも油断禁物!!

 

 睡眠不足は胎児に影響があるの!?

1x1.trans 妊娠中の睡眠不足は胎児にも影響が!?不眠の原因と解消方法とは?

では妊娠中に妊婦が睡眠不足の場合、胎児に影響があるのかというと、

医学的には影響はほとんどないといわれています。

何故かというと、

妊婦と胎児は別の生命、別々の個体として胎児は生きているのです。

ですから胎児は自分のペースで睡眠をとっており、母体が眠っていようと、

起きていようと関係がないのです。

 

ですがやはり胎児が丈夫に育つためには母体がぐっすりと休み胎児に

エネルギーを与えるのが一番であり、

又、睡眠は母体をリラックス状態にし、筋肉の緊張がとけ子宮内膜が緩くなり、

着床しやすくなります。

 

ですのでやはり胎児のためにもしっかりと睡眠をとる事が大切なのです。

 

糖尿病の予防にはお酒!?妊婦糖尿病は早期対策!?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ