幼児や新生児の睡眠不足に悪影響?解消方法とは?

1x1.trans 幼児や新生児の睡眠不足に悪影響?解消方法とは?

年々増加する子供の睡眠不足,

子供の睡眠不足は成長に影響したり、学業に支障が出たりと、

様々な問題を抱えています。

Sponsored Links

幼児や新生児に必要な睡眠時間は?

先進国の中でも日本は働きすぎ、睡眠時間が短いと言われることが多いのですが

実は日本の子供達も海外の子供達と比べ、睡眠時間が短くなってきているのです。

 

「必要な睡眠時間は?」と聞かれると7時間~8時間くらいというイメージを持っている人が多く、

実際、それが一般なのですが実はそれが当てはまるのは大人だけなんですね。

子供は年齢によって必要な睡眠時間が変わってくるものです。

小さい子ほど睡眠時間を必要とします、いわゆる「寝る子は育つ」です!

年齢別による必要睡眠時間

0~3歳   12時間~14時間

幼稚園生  11時間~13時間

小学生   10時間~11時間

中高生   8時間~9時間

大人    7時間~9時間

※個体差はあるものの、平均的な数値として参考にして下さい

 

子供の睡眠不足による悪影響とは?

1x1.trans 幼児や新生児の睡眠不足に悪影響?解消方法とは?

では実際に睡眠不足が引き起こす障害とはどのようなものがあるのでしょうか?

成績が悪くなる

寝不足による集中力低下で授業中にボーっとしたり眠くなったりと授業内容が頭に入りません。

又、睡眠には、昼間学んだことを夜寝ている時に頭の中で整理して、

忘れにくくするという役割があります。

不規則な睡眠の子どもより、しっかりと睡眠をとる子供の方が学力が高い傾向にあります。

 

精神的に不安定になる

成長期の子供の精神は不安定なものです。

睡眠不足のためイライラしたり、落ち着かなかったり、

周りと協調性をとるという事が出来なくなるのです。

睡眠不足な子、生活が不規則な子ほどキレやすいというデータもあります。

睡眠にはストレスの解消の効果もあり睡眠不足が続くと、

Sponsored Links

精神的な疲れもどんどん溜まってしまう事が影響しているのです。

 

太りやすくなる

睡眠不足だと食欲を制御するホルモン分泌が減少し基礎代謝も低下してしまいます。

そうなると体内で脂肪を燃焼させる消費量も少なくなってしまい脂肪が付きやすくなるのです。

他にも夜更かしをする事で夜食やお菓子、ジュースなどを食べたり飲んだりする事も考えられます。

肥満は健康に大きな問題を起こす引き金になりえますので注意が必要です。

 

成長の妨げになる

「寝る子は育つ」という言葉を聞いたことがあると思います。

これは科学的にも実証されていてしっかりとしたデータがあるのです。

子供の成長に必要なホルモン分泌は夜22時~深夜2時に盛んに行われます。

子供が睡眠中に行われるので、寝る時間が少なくなると当然ホルモン分泌量は

減ってしまいます。

筋肉、骨などの未発達、背が伸びない、体内の免疫力の低下などの

障害が起こる可能性があります。

 

睡眠不足を解消させる為には?

1x1.trans 幼児や新生児の睡眠不足に悪影響?解消方法とは?

子供に睡眠不足の危険性を理解させ自主的に睡眠時間をとってもらう事が理想ですが、

現状では難しいと思われます。

やはり親や大人がしっかりと管理することが大切です。

不規則な生活、不規則な睡眠時間にならないよう食事の時間、眠る時間、起きる時間を

毎日同じにして、正しいリズムにしましょう。

休日だから」と夜更かししてもいいと言うのはよくありません。

テレビやゲーム、インターネット、携帯電話の使用も眠気を遠ざけてしまうので、

長時間の使用、眠る前の使用は控えさせましょう。

ココアや紅茶、チョコやコーラにもカフェインが含まれており、過剰摂取すると

眠気が引いてしまう可能性があるのでなるべく夜の摂取は控えさせましょう。

 

睡眠不足は生活習慣によるものが多いので周りの大人がしっかりと対処する事で

改善することができます。

大人が正しい知識をもって子供の健康と将来を守っていきましょう!

 

睡眠不足症候群は悪影響!原因と改善方法とは!?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ