顔のしわを取る方法とは? たるみをなくす予防にも!

 

若い頃は全く気にしなかったのに、年を重ねる事に気になり出してくるのが顔のシワ。

そして顔のシワの原因は加齢だけではありません。

場合によっては20代からできてしまい事もあり、原因はさまざまです。

Sponsored Links

顔のしわの原因とは?

1x1.trans 顔のしわを取る方法とは? たるみをなくす予防にも!

そもそもなぜ顔にシワが出来てしまうのでしょうか?

人によって出来る年齢、場所、でき方も違い、解消方法も違うもの。

自分のシワの原因を理解し正しい解消を行うことが大事です。

 

紫外線の影響

顔のシミと同じく顔のシワにとっても天敵なのが紫外線です。

紫外線は夏の日差しの強い日だけに降り注いでいる訳ではありません。

実は春、夏、秋、冬、曇りの日でも紫外線は、年中降り注いでいるのです。

 

紫外線を浴び続けると、丈夫な繊維のような真皮層のエラスチンやコラーゲンに

ダメージを与え肌にハリや弾力が無くなってしまうのです。

そこから皮膚のたるみやヨレになってしまい最終的にシワとして顔に刻まれます。

 

今、シワが出来ていないからと油断は禁物です!

実は今、大丈夫でも肌へのダメージは着実に積み重ねられています。

ですから20代で大丈夫だったからと油断して、30代で急にシワが出来る事も

珍しくありません。

 

肌の乾燥

加肌で肌に潤いがなかったり、空気が乾燥していて空気中の水分が少ないと、

肌の表面がカサカサになってしまいます。

肌がカサカサになった事により、小さく無数のシワが出来てくるのです。

このシワをちりめんジワと呼びます。

 

表情

ストレスを抱えたりイライラしていると、気づかないうちに顔に出てしまうものです。

特に日々の生活で長年出してきた表情ですから、眉間にくっきりと

シワが現れてしまう可能性があります。

 

筋肉によるもの

やはり加齢が原因。

年をとると顔を支えている筋肉が衰え始め、シワとたるみの原因となります。

Sponsored Links

 

痩せる

急激に体重が落ちた場合は顔のシワだけ余ってしまい、

たるんでしまう可能性があります。

太る場合顔の皮膚は一緒に伸びてくれますが、

細くなる時は縮むことなく皮だけ余ってしまうのです。

 

過剰なケア

スキンケアやマッサージにも注意が必要です。

効能の強いものを使ったり、力を入れてケアすると

皮膚に外傷が出来てしまいます。

その外傷で顔の皮膚表面がシワの原因で

細かいシワが無数に出来上がってしまいのです、

 

顔のしわやたるみを方法とは?

 1x1.trans 顔のしわを取る方法とは? たるみをなくす予防にも!

・紫外線を浴びないようにすることが大切です。

 帽子をかぶったり日傘をさすことで紫外線から肌をまもります。

 もしも紫外線を長時間浴びてしまった場合は

 野菜やフルーツを食べてビタミンCの補給をしましょう。

 

・肌の保湿を意識してスキンケアを行いましょう。

 「ヒアルロン酸」、「セラミド」など保湿成分がしっかりと含まれているものを使う事が大切です。

・肌がカサカサしたり、ひび割れを起こしている場合は「馬油」などが効果的です。

・外出中に肌が気になった場合はフェイスミストを持ち歩くのもいいでしょう。

 

・表情筋のエクササイズを行いましょう。

 顔の筋肉を使うことで筋肉の老化を防ぎ、シワやたるみの予防になります。

・スキンケアは優しく丁寧に行いましょう。

 

・睡眠時間をしっかりと確保する事も大事です。

 睡眠は肌の再生に有効でハリとツヤのある肌を維持していきましょう。

 

・食生活の改善も大事です。

 お菓子やジュース、甘いものには老化たんぱく質を増加させる

 原因となるので過剰摂取するのはオススメできません。

 

・野菜をしっかりと食べましょう。

 最も効果的なのが野菜を最初に食べること「ベジ・ファースト」です。

 肌の弾力を低下させる「糖化」や太る原因の「肥満」に対し

 抑制効果がありシワやたるみに効果的です。

 

 最後に

シワの対策は出来てから対処する方が大変です。

ですので出来るだけ、今のうちからしっかりと予防対策を行い、

いつまでも美しい肌を維持していきましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ