熱帯夜対策にはエアコン?扇風機?子供や犬にも快適な睡眠を!

1x1.trans 熱帯夜対策にはエアコン?扇風機?子供や犬にも快適な睡眠を!

7月、8月は夜になってもムシムシと気温が高く、場合によっては室温が30度を越すような寝苦しい熱帯夜・・・

日々、寝付けず睡眠不足や熱中症の危険を抱え過ごしていては、更にストレスも増え悪循環なのではないでしょうか?

睡眠不足では翌日の仕事のミスや昼食後の眠気、作業効率の低下、通勤中の事故などリスクが沢山出てくるものです。

大事なのは熱帯夜を快適に過ごしていく為の対策をしっかりととり、グッスリ眠れる環境作りを行うことです

Sponsored Links

熱帯夜対策にはエアコンと扇風機どっちがいいのか?

エアコン使用時

1x1.trans 熱帯夜対策にはエアコン?扇風機?子供や犬にも快適な睡眠を!

温度は低すぎると体を冷やしすぎ体調不良のもととなるので必ず26℃~28℃で調整しましょう。

そして室内の温度も大事ですがもう一つ注意して欲しいのが湿度です。

湿度は夏になると70%を越す数値となります、しかし快適に安眠するためには湿度を50%~60%に下げる必要があります。

エアコンの温度を下げることで湿度も下がりますが除湿機能があるならば極力使う事をオススメします。

エアコンを使用すると気になって気になってしょうがないのは電気代

夏の間、毎日一晩中エアコンを付けていたら電気代も相当なものです。又、近年は節電意識が高まっており、無駄に使うべきではないという考えも増えております。

では就寝時のエアコンの使用時間はどのようにすればいいのでしょうか?

大事なのは睡眠サイクルに合わせタイマーを設定することです!

人には90分サイクルで眠気の深さが変わるレム睡眠、ノンレム睡眠という眠りのサイクルがあり90分で1セットとなります。

そして最初の3時間(2セット)はより深い眠りに入るために大事な時間であり、この間に目が覚めてしまうと眠りが浅く不快な目覚めや寝た気がしない状態になります。

ですので3時間は眠りにつく為に快適な環境を整えてあげる事がいいとされています。(もう1サイクルの4時間30分にするとより効果的に眠りにつけます。)

ですのでタイマーを1、2時間で切ってしまい、深い眠りにつく前に暑さで目覚めてしまう事のないように注意しましょう。

Sponsored Links

扇風機使用時

1x1.trans 熱帯夜対策にはエアコン?扇風機?子供や犬にも快適な睡眠を!

エアコンが体質に合わず苦手な人、電気代が気になって使えない人などに必要となってくるのが扇風機です。

扇風機なら体質の影響も受けず節電効果も抜群でエアコンの20分の1程度の電気代で済みます。

扇風機を使用する場合はまず扇風機の首を固定せず首振りモードにしましょう!

人は風をうけ続けていると体力を消耗してしまい快適な睡眠に支障をきたします、扇風機の首を身体より少し上向きにセットするのもいいでしょう。

空気の循環循環を行う事も効果的です。

これはあくまでも条件がクリアーしていればですが、ハエや蚊など虫が入ってこない環境、防犯的に安全な環境でしたら窓を開けて、

窓付近に扇風機を設置し使用すると外気を引き込み涼しい風が室内に入り空気の循環が行われます。

他にも扇風機の真後ろ、高さは首ふり(羽がまわってる中心)らへんに、凍らせた水のペットボトル2リットルもしくは500ミリリットル数本を用意します。

あとは扇風機を回すだけでペットボトルの冷気が扇風機の送風と共に室内に循環します。

注意して欲しいのはトレーなどの上にペットボトルをおいて、朝にペットボトルの水滴が湿らない様にして下さい。

 

子供や犬を熱中症から守り快適な睡眠を与えよう!

1x1.trans 熱帯夜対策にはエアコン?扇風機?子供や犬にも快適な睡眠を!

やはり自己管理能力の高い大人より自己管理能力が低く体力のない子供や犬などの動物の方が熱中症の危険が高いものです。

 

もし子供が熱中症になった場合の処置法とは!?

 

子供や犬などペットがいる場合は自分が大丈夫だからと安心せずに子供や犬など動物にも基準を合わせてエアコン、扇風機の使用を心がける事が必要となります。

熱中症は昼の室外だけ注意していればいいものではなく、夜の室内での熱中症は十分に起こり得るものです。

睡眠環境をしっかりと整え、水分補給などもしっかりとさせて健康的かつ快適な睡眠生活を送って行きましょう!

 

水分補給以外にも熱中症を食事から守る方法とは!?

※記事の中盤に書かれています!

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ