熱中症予防は食事で対策!塩分をとるべき?

1x1.trans 熱中症予防は食事で対策!塩分をとるべき?

いつ何処で誰がかかってもおかしくない熱中症!油断すると命に関わる危険な病気ですが、しっかりと正しい対策を取ることで防ぐことが出来ます。

正しい予防作を覚え、自分と自分の大事な家族やペットを熱中症から守りましょう!

Sponsored Links

熱中症対策には食事が大事!?

1x1.trans 熱中症予防は食事で対策!塩分をとるべき?

熱中症から身を守るためには涼しい環境を作ったり小まめな水分補給が必要ですが、外出中など普段と違う生活環境に身を置いて油断した時に熱中症にかかる可能性も十分あります。

大切な事は、常日頃から熱中症にかからない体づくりをしておく事。

つまりは日々の食生活に熱中症予防の食事を取り入れることで熱中症を防ぐ事に繋がるのです!

カリウム

カリウムは細胞内液に多く含まれているのですが発汗時に水分、塩分と同時にカリウムも排出しています。

カリウムが不足すると細胞内が脱水症状を引き起こし、熱中症の際に細胞機能障害を引き起こす可能性もあります。

何故ならカリウムは塩と似たミネラル成分で体内に必要なものなのです。

又、カリウムの効能に筋肉の収縮補助や、熱中症からの回復補助の役割を持っているので積極的にカリウムの摂取をしましょう。

カリウムの多い食品

・干し柿、アボカド、ひじき、ほうれん草、バナナ、納豆、じゃがいも、さといも、メロン、リンゴ、かぼちゃ、枝豆、さつまいも、にんじん、いちご、ドライフルーツ、果物ジャム

 

ビタミンB1

ビタミンB1には疲労物質である乳酸を分解する作用があり、不足すると乳酸が溜まり疲労、倦怠感がでてきます。

又、脳に十分なエネルギーが送られず、集中力の低下やストレスのもとにもなります。

悪化すると手足の痺れ、むくみ食欲不振や脚気や中枢神経に異常がおこるウェルニッケ脳症などを発症してしまう可能性もあります。

ビタミンB1は水溶性で溶けやすい性質なので体内に取り貯めて置くことができません。しっかりと毎日摂取することが必要です。

ビタミンB1の多い食品

Sponsored Links

・玄米、納豆、そば、木綿豆腐、豚肉、うなぎ、ハム、ベーコン、小麦粉、えんどう豆、あずき・海苔、グリンピース

 

クエン酸

クエン酸には疲労回復、血流改善、ミネラル吸収促進、がん予防、アンチエイジングの効果、美肌作用、痛風予防の効果があります。

レモン、グレープフルーツ、みかん、柑橘系、梅干しなどの酸っぱい成分の事で酸っぱいと感じるのはこのクエン酸によるものなのです。

近年は美容、健康に取り入られ食材やドリンクなどにも使われています。

クエン酸の多い成分

・レモン、グレープフルーツ、イチゴ、パイナップル、お酢、ローズヒップ、アセロラ、ハイビスカス、キウイ

 

水分と一緒に塩分をしっかりと取ることが大事

 

1x1.trans 熱中症予防は食事で対策!塩分をとるべき?食事もしっかりととり小まめに水分補給をしているからと安心してはいけません。

汗とは水分以外にも体内の塩分も排出しています。

塩分(主にナトリウム)は生命維持に重要な役割をもっていますが、汗をかいたときに水だけ飲んで喉の渇きを潤していても補給されず脱水症状に陥ります。

体内には水分と塩分のバランスが大事なのですが水分だけ多く補給されると、水分を体の外に排出しようと体が作用し下痢、腹痛、嘔吐してしまうのです。

ではどのくらいの塩分が必要かというと?

大量の汗をかいた場合、水以外にも塩分濃度0.1~0.2%程の水分摂取を必要とされています。

※手足のつりや痺れの場合塩分の不足からくる事も多くその場合は生理食塩水(0.9%の食塩水)の補給も必要です。

では普段から塩分を取るためにオススメなものとは何かと言うとスポーツドリンクです。

スポーツドリンクは最も効率よく塩分を体内に吸収してくれる優れた飲みもので特にポカリスエットは塩分を多く含み、飲む点滴とまで言われており非常にオススメです。

アクエリアスももちろん効果的ですがこちらは運動した時の栄養補給用として活用下さい!

補足として梅干しも塩分摂取に効果的ですので食事の際に摂取する事をオススメします!

注意して欲しい事

但し、塩分の取りすぎは高血圧、心臓病や太る原因にもなりますので大量に汗をかいたとき以外は普段の食事から取る塩分で十分ですので過剰摂取やポカリスエットの飲みすぎなど注意しましょう!

 

熱中症の症状に下痢や鼻血が!?手足がつる場合も熱中症?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ