子供の夏風邪は微熱から?入院もあり流行るかも?

1x1.trans 子供の夏風邪は微熱から?入院もあり流行るかも?

夏は熱中症予防も大事ですが、それだけに気をつけていれば安心というわけではありません。

他にも注意して欲しいもの・・・

それは夏風邪です。

特に子供は大人よりも抵抗力が弱くかかりやすいので注意が必要です。

Sponsored Links

流行る子供の夏かぜ!症状に微熱?原因は?

1x1.trans 子供の夏風邪は微熱から?入院もあり流行るかも?

夏風邪の主な特徴としてみられるのは

・発熱

・腹痛

・喉の痛み

・下痢

・倦怠感

・頭痛

などがあります。

冬にかかる冬風邪よりも症状は軽いものですが、夏風邪は長期的に症状が続きなかなか治りずらい傾向にあります。

 

夏風邪の種類

ヘルパンギーナ

・時期  夏

・症状  4歳以下の子供に症状が出やすく高熱、口内炎、喉の痛みで食事をするのも辛い状態

・原因  エンテロウイルス、コクサッキーウイルスによるもの

・感染経路   接触感染(タオルの共有など)、飛沫感染(咳やくしゃみなど)、糞口感染(おむつ交換など)

・合併症  急性脳炎、無菌性髄膜炎

・症状回復  一週間程で治ります。

 

手足口病

・時期  初夏~秋

・症状  乳児~4歳ぐらいを中心にかかりやすく、手のひらや足の裏、ひざ、ほおの内側、口などに赤い発疹、発熱は37℃台~、

     喉の痛み、食欲不振、

・原因  エンテロウイルス、コクサッキーウイルスによるもの

・感染経路  接触感染(タオルの共有など)、飛沫感染(咳やくしゃみなど)、糞口感染(おむつ交換など)

・ 合併症  急性脳炎、無菌性髄膜炎

 

プール熱(咽頭結膜熱)

・時期  夏

・症状  38℃~39℃の高熱が3~5日間程続く、喉の痛みが強く、結膜炎を伴う、食欲低下、水分を取るのも辛いので脱水症状を起こす事も

      熱はなかなか下がらない、下痢、腹痛

 ・原因  接触感染(タオルの共有など)、飛沫感染(咳やくしゃみなど)、糞口感染(おむつ交換など)、プールの水が体内に侵入し感染

Sponsored Links

・合併症  肺炎

・回復期間  約1週間ほど

 

こどもがかかりやすい夏風邪ですが大人にも感染し猛威を振るう危険性があるので注意しましょう。

感染経路は主に子供が発症して二次感染が原因です。

大人の場合、免疫力が強いので症状は比較的に軽い場合が多いのですが、体力が落ちている時等に発症すると

39℃の高熱、喉の痛み、倦怠感など子供より重症化する危険性もあります。

 

熱中症の症状に吐き気と寒気!?赤ちゃんは夜でも油断禁物!!

 

夏風邪予防、対処!子供を入院から守るには?

1x1.trans 子供の夏風邪は微熱から?入院もあり流行るかも?夏風邪の予防法

・手足口病やプール熱病のもとになっているウィルスに対し特定の治療方法や予防接種、治す薬はありません。

 日頃からの健康管理に注意をして体力をつけ免疫力低下を防ぐことが大事なのです。

・子供は夏休み期間で生活リズムが乱れやすくなっています。不規則な生活をやめしっかりと睡眠時間を取るようにしましょう。

・夏風邪はウィルスからくるものです、帰宅時には必ず手洗い、うがい、目薬を丹念に行いウィルスを洗い流す習慣をつけましょう。

・人ごみはウィルスの蔓延化しやすい状況にあります。なるべく人の多く集まる場所は避け、マスクの着用もするといいでしょう。

・クーラー調整も大事です。部屋がキンキンに冷えた状態ですと体内の自律神経が乱れてしまい体調をくずします。

 体調を崩し免疫力低下の時に、夏風邪にかかりやすくなりますのでクーラー温度は28℃を目安に下げすぎないようにしましょう。

・ダニにも注意が必要です。ベットの毛布や布団にダニが繁殖しないようダニ対策をしっかりと行いましょう。

 

夏風邪の対処法

対ウィルス用の薬というものはないので免疫力を回復させる事が大事です。

そのためには、

・消化の良い食べ物を食べましょう。

 ・睡眠時間をしっかりととり体を休めましょう。

・部屋の温度と湿度を下げて快適な空間で安静にしましょう。

・脱水症状の危険もあるのでしっかりと水分補給を行いましょう。

状況が悪化した場合は早期対処が大事です。医療機関で見てもらい子供を病気から守りましょう!

子供の脱水症状に下痢?飲み物で症状を防ぐには!?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ