目のクマは肝臓から以外にも原因が!?解消方法はあるの?

1x1.trans 目のクマは肝臓から以外にも原因が!?解消方法はあるの?

気になる目のクマの原因に肝臓が関係していると説明しましたが、

他にも目のクマの原因は多数あり対処方法も様々。

そんな目のクマの種類と対処方法をご紹介します。

目のクマは肝臓が原因?赤ちゃんにも出来る理由とは?

 

Sponsored Links

目のクマの種類と!?肝臓以外の原因?

目のクマが出来てしまった場合にたくさん睡眠をとってクマを解消しようとしたり、

メイクで隠す場合があります。

 しかしいくら睡眠をたっぷりととっても目の下のクマは消えなかったり、

メイクで毎回隠すのも手間が掛かり面倒くさいものではないでしょうか?

 

 目のクマにも実は種類があり、原因と対処方法が違います。

大事なのは自分のクマの状態を知り正しい対処をすることです。

 

1x1.trans 目のクマは肝臓から以外にも原因が!?解消方法はあるの?

 青クマの原因

 青クマは血行不良が原因で症状が現れます。

目の下には毛細血管が通っており、この毛細血管の静脈が

血行不良に陥ると、目の下の皮膚は薄く透けて見えるため、

皮膚を通して青く見えてしまうのです。

 

それでは何故、血行不良に陥るのかというと

精神的ストレス、疲労、コリ、ドライアイ、睡眠不足、禁煙などが原因となります。

特にタバコは青いクマの原因と一般的に言われているほどで、

これはタバコには血管を凝縮させてしまう作用があるからなのです。

血管が凝縮されるという事は血液を運ぶ管が細くなり血液を全身に送る量が少なくなる

という事です。

 

 青クマの改善方法

 生活環境の改善をする事をオススメ致します。

精神に負担のかからない生活、規則正しい生活リズム、しっかりと睡眠時間を取る等です。

禁煙も非常に有効な手段です。

禁煙は目のクマ以外にも肌のコンディションがよくなり肌にツヤがでます。

禁煙は体にとって良い事しかないので是非行なって欲しいところです。

他には血行促進マッサージやコラーゲンを摂取する事で目のクマの解消になります。

Sponsored Links

 1x1.trans 目のクマは肝臓から以外にも原因が!?解消方法はあるの?

黒グマの原因

目の下がくぼんだりたるんだり、膨らんだりする場合があります。

この状態になると目の下に影が出来てしまいこの状態を「黒いクマ」と呼ぶのです。

では何故目の下にくぼみやたるみ、膨らみが出来てしまうのかというと、

 加齢による原因です。

加齢により皮膚の老化が影響しており、下まぶたの皮膚が薄く弱くなりたるんでしまったり、

目の下の筋肉が緩んでしまいヘコミが出来てしまうのです。

 

黒クマの解消方法

日々の目元の保湿を心がけましょう。

目元が乾燥してしまうと小じわの原因となり影がより濃く見える原因となります。

目元の保湿や肌のハリを保つ化粧品などが良いでしょう。

 

目の下のむくみ改善には体全体のマッサージが有効です。

リンパマッサージをする事で体のむくみや目のむくみの体質改善につながります。

 

表情筋を鍛えることも大事です。

表情筋を 鍛えることでシワやたるみの防止に繋がります。

 

 茶色クマの原因

 紫外線のダメージによる色素沈着によるものや、

メイク落としや洗顔の際の皮膚への摩擦による刺激や

乾燥からくる肌のターンオーバーの乱れなどです。

 

 

 茶色クマの解消方法

まず気をつけて欲しいのは、目元をこすったりして肌に刺激を与えないことです。

目をこする癖のある人やメイク落としの時、洗顔の時に力任せにするのではなく

肌に優しい力加減で行いましょう!

又、洗顔後に目元の保湿をしっかりと行う必要もあります。

 

紫外線対策も重要で必ずUVケアの徹底を行い、

色素沈着を防ぎましょう。

 紫外線は年中降り注いでいて、人の目元というのは

実は紫外線が多く当たりやすい場所なのです。

 

もしも紫外線に沢山あたってしまっている場合は、ビタミンCの摂取をしましょう。

果物や野菜にビタミンCは豊富に含まれています。

ビタミンCを摂取してメラニンの生成を抑えることが出来ます。

 

目のクマは肝臓が原因?赤ちゃんにも出来る理由とは?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ