クーラー病に頭痛、熱、鼻水、めまい、首などの症状?原因は?

1x1.trans クーラー病に頭痛、熱、鼻水、めまい、首などの症状?原因は?

猛暑が続く日々、ついつい外出を控えクーラーの効いた部屋でゴロゴロと過ごしてはいないでしょうか?

一見快適な生活を送っているように思われますが実は油断のならない病気が潜んでいるのです。

Sponsored Links

クーラー病とはどんな病気なのか?原因は?

クーラーの効いた部屋で長時間過ごしたり、空調管理のされていない室外へ行き来をする事で、

体内の体温調整が上手く出来なくなり自律神経の乱れ、血流異常、ホルモンバランスの崩れが生じてしまいます。

自律神経が乱れてしまうと様々な体の不調の原因となってしまいます。

そしてこのような状態を招く原因を「クーラー病」と呼び、現代社会の問題とされております。

 

 クーラー病夏バテは同じような症状に思われますが実際は全く異なった症状で、かかる原因も対処方法も違います。

夏バテの場合は体温調整のためにかいた汗が体外で発散されず体の熱が残ってしまいのぼせたり、オーバーヒートしたような状態の事をいいます。

クーラー病は汗を上手くかけなくなり自律神経が乱れ体に様々な不調をきたします。

 

こちらも合わせて注意が必要です⇒熱中症の症状に下痢や鼻血が!?手足がつる場合も熱中症?

 

頭痛、熱、鼻水、めまい、首などに症状がでる?

1x1.trans クーラー病に頭痛、熱、鼻水、めまい、首などの症状?原因は?

クーラー病は自律神経に不調をきたします。

自律神経とは交感神経と副交感神経の事をいいます。

自分でコントロールすることのできない体内の活動やホルモン分泌を調整してくれる大切な役割をもっており

交感神経が働くと活動的になり副交感神経が働くとリラックスした状態になるのです。

そして大事なのはこの2つのバランスです。

このバランスが崩れてしまうという事が自律神経の乱れとなり自律神経失調症となります。

自律神経失調症になると体内の免疫力が弱くなり、体に侵入してきた異物や菌に対して対抗する免疫力が低下してしまいます。

そして

・足腰の冷え  ・肩こり   ・首こり   ・頭痛   ・手足の疲労感

・神経痛   ・食欲不振   ・生理不順   ・頭痛   ・めまい

Sponsored Links

・発熱   ・鼻水   ・腰痛   ・疲労感  ・不眠症

など様々な症状が現れ悩まされてしまうのです。

 

この事からただのクーラーの冷やし過ぎと軽く考えるのではなくしっかりと対処を考えなくてはいけないことが分かります。

 

クーラー病の予防・対処方法とは?

1x1.trans クーラー病に頭痛、熱、鼻水、めまい、首などの症状?原因は?

家にいるときは自分で温度調整をしやすい環境にあると思われるのでクーラーの温度を下げすぎないよう注意します。

目安は室内と外の温度差を5℃以内です。

それ以上の温度差がある場合は体内の機能に不調をきたす可能性が高まります、目安は冷房28℃が好ましいでしょう。

冷房が直接当たるのも避けてください。

 

オフィスなどでデスクワークをされる場合は自分で温度調整はしずらいと思われます。

エアコンの設置場所の問題、暑がりな人や寒がりな人の体質問題など様々。

特に男性は暑がりでクーラーをガンガンに効かせたいと考えているケースが多く、

逆に女性は体質的に冷え性になりやすいものです。

 

クーラーの温度調整が難しい場合は体を冷やさない工夫が大切です。

・中に重ね着をする

・ジャケットやカーディガンを羽織る

・マスクの着用

・スカーフ

・マフラー

・ひざ掛け

・レッグウォーマー

・靴下の重ね履き

・足元を保温する家電製品

など上半身はもちろん下半身からも体を温める工夫をしましょう。

 

食生活の見直し

基本は規則正しい時間にしっかりと3食食べる事です。

ここで注意してほしいのが冷たいモノの食べ過ぎ、飲みすぎに気をつけてください。

暑いからとついつい冷たいものばかり目が行ってしまいがちですが、

体内から体を冷やす原因となりますのでほどほどにしましょう。

参考までに

・アイス

・カキ氷

・生野菜

・ビール

・アイスコーヒー

・牛乳

・アイスティー

など

 

その他の予防・対策

体を動かしてしっかりと汗をかきやすい体質を作れるようにしましょう。

スポーツ、ウォーキング、ストレッチなどを日々、定期的に行うことをオススメします。

 

お風呂も湯船にしっかりと浸かる事で血行がよくなり代謝もよくなります。

シャワーでは冷えた体を内側から温める事が出来ないのです。

 

睡眠はしっかりととりましょう。

自律神経を正常に機能させる為には体を休ませる事も大切です。

その際も規則正しい生活での睡眠サイクルを作って行きましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ