子供に熱中症の症状?処置のマニュアルはコレで完璧!?

1x1.trans 子供に熱中症の症状?処置のマニュアルはコレで完璧!?

7月、8月になると注意しなくてはいけないのが熱中症です。毎年、熱中症で倒れ病院に送られるという事件が後を立ちません。大人でもかかる熱中症です、幼児や児童には特に注意しなければいけないもの。

なぜなら子供は大人に比べ体内の水分を多く含んでいます、そのため脱水症状を起こしやすく大人よりも格段にリスクが高い事を覚えておいたほうがいいでしょう。

Sponsored Links

子供の危険信号を見逃さない!

 

熱中症にかかると起こる症状それは

痙攣(けいれん)、眩暈(めまい)、吐き気、頭痛、意識不明などあり最悪の場合、命の危険にも繋がる恐ろしいもの。これは体内の塩分や水分バランスが崩れていき体内の機能障害から発症するものです。

子供は大人と違って熱中症対策や身体の自己管理の意識が低いものです。身体の異常に気づかず熱中症にかかってしまうケースが毎年多発しているので子供は常に観察し少しでも異変があったら早急な対処が必要です。

 

熱中症の症状全般を知れるのはココ!食事の予防法とは!?

 

熱中症の初期症状

・口や鼻の中が乾いている

・舌が白くおおわれる

・目が落くぼんでいる

・皮膚がカサカサで弾力性がない

・身体がフラフラする

・汗のかきかたが異常

・ろれつが回らない

・体温が異常に高い

・ボーっとしている

・皮膚の異常

・筋肉の痙攣(けいれん)

などの症状が子供に見られた場合、危険信号です。

※乳児は脱水症状が進むと、逆に手足が冷えたり、唇の色が悪くなることもありますので注意して下さい。

 

子供の脱水症状に下痢?飲み物で症状を防ぐには!?

 

もしも子供が熱中症にかかったら!?覚えて欲しい処置マニュアル!

1x1.trans 子供に熱中症の症状?処置のマニュアルはコレで完璧!?

まず応急処置として直射日光を遮れる場所に移動しましょう。日の当たらない木陰や室内でクーラーを効かせるなどが有効的です。

Sponsored Links

次に、衣服を緩めてあげて風通しのいい格好にしましょう。又、冷たいタオルを使って身体を拭いたり、うちわであおいであげる事もしてあげてください。

大事なことは「いかに熱を溜め込んでしまった体から体温を下げるか」が大事なのです!

もしもこの段階ですでに意識のない場合は早急に救急車を呼ぶ事が大事です。

現段階で意識がある場合は水分補給、塩分補給(塩分のある食べ物やスポーツドリンク)も必ず行わせ脱水症状の対策をとりましょう!ここで注意して欲しい事はもし、子供に意識がない場合無理に水分補給、塩分補給をさせることは禁物です。

意識がない状態で無理に水を飲ませてしまうと子供の気道に流れてしまい危険です。又、塩分のあるものも喉につっかえて呼吸困難になってしまう事もあり危険です。

救急車が来るまで身体の体温を冷やす応急処置を続けましょう。

又、熱中症にかかったてから完治するまでは個人差があるので一概には言えません。半日で完治する場合もあれば1週間寝込んでしまう場合もありマチマチです。

 

熱中症にかからない為には!子供を守る予防対策!!

1x1.trans 子供に熱中症の症状?処置のマニュアルはコレで完璧!?

気温が35℃を超える猛暑の場合、外出自体も気をつけなければいけません、運動をするとなると危険性が格段にあげるので激しい運動は控えさせて下さい。

子供の体内の水分は大人よりも必要とする割合が多いです。一度に大量の水を飲むのではなく小まめに水分補給をさせましょう、外出させる場合は水筒を用意した方が安心です。

体調が良くない時は外出を控えさせる事、風邪などの病気の症状がある時はもちろんの事ですが、前日の疲れを引きずる睡眠不足や過労等の体力低下時は要注意です。

服装は少しでも熱を体に溜めないように通気性、吸湿性の良い服装にし、なるべく帽子をかぶらせてあげましょう。日傘も用意出来たら尚いいです。

日光を浴びない様にする事も大事なので肌の弱い子供には日焼け止めを塗ってあげるのも効果的、日焼けがひどい人は体力の消耗が激しいのです。

 

海での日焼け対策!夏の紫外線は危ない!?

 

最後に

子供を熱中症から守る為には、親がしっかりと熱中症に対し知識を持って対応する事が大事です。子供の体調管理に注意し思い出に残る夏を過ごさせてあげるのが親の役目ではないでしょうか!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ