肩こりにはマッサージ!自分で効果的に行う方法とは?

日常生活を過ごす中で気になる症状の一つ・・・肩こり。肩こりは歳を重ねる事に発症しやすくなる誰にでも起こりうる身近な病気です。

主な場所は肩・左肩・右肩・首・背中・肩甲骨です。

首周辺、肩や頭部にかけて不快な感触で重みや張り、痛みを伴う症状が現れるもの。

Sponsored Links

 

肩こりの主な原因

1x1.trans 肩こりにはマッサージ!自分で効果的に行う方法とは?

人は日々生活する中で身体の1番重い部分の頭を、常に支えながら過ごしています。(人の頭部はおよそ5~6キロ)首と肩で重い頭を毎日支えるのですから疲れが出てくるのは当然な事。

肩こりには他にも様々な原因があるのでご紹介致します。

・ストレスからくるもの

現代社会はストレスを多く抱えるのが現状。男性、女性、社会人、育児女性など様々な環境、立場の中で悩みや不安を抱え生活しています。

女性に多く見られ落ち込みやすい女性は特に注意が必要です。

精神的ストレスとは首や肩周辺の筋肉を硬くしてしまう体内の神経系の活動を促してしまうのです。

・姿勢からくるもの

パソコンの普及と共にデスクワークの時間が増えています。

同じ姿勢でで長時間のデスクワークをする事で頭部の腕や頭部を支える筋肉が収縮してしまい筋肉の低下に繋がってしまいます。

これが続くと慢性的な筋肉の緊張に陥り、肩こりの原因になってしまいます。又、デスクワーク以外でも同じ姿勢のままでいることを繰り返す事により血液不良からくる肩こりになる可能性もあります。

・眼睛疲労からくるもの

長時間パソコンのモニターを見続けたり、小説、マンガ、テレビ、ゲームなど目を休ませることなく駆使すると、目周囲や首や肩が緊張してしまいます。。(パソコンモニターは光源を見つめるのと同じ原理なので目の負担が非常に大きく、まばたきの回数が減ります。ドライアイの症状を引き起こし、肩こりの原因にもつながります。)

運動不足からくるもの

肩こりの原因の一つに肩や首に流れる血流の流れが悪く、体内に栄養分や新鮮な酸素がしっかりと送られず体が疲れやすくなってしまいます。

 

実際に肩こりになるとどんな症状がでてくるの?

1x1.trans 肩こりにはマッサージ!自分で効果的に行う方法とは?

Sponsored Links

肩が張ったり重くなったりや肩から首にかけて張った感じになる症状

首全体が張った様な感じになり、締めつけや圧迫感、背骨にも重さや圧迫感を感じることがあり時には頭痛の症状

肩から首にかけて長期期間痛みが続く。

睡眠中も痛みが続く。

肩から周囲にかけて拡散された痛み。

肩から腕、指先まで痺れや力が入れられない、手の感覚が無い。

肩から伴う腹痛、胸痛、背部痛

などがあります。

 

マッサージは自分で行える?肩こり解消法とは?

1x1.trans 肩こりにはマッサージ!自分で効果的に行う方法とは?

肩こりを治すには病院や接骨院に通わなければならない・・・、通うにも時間が無い、お金が無いから行けないと考えている人もいると思います。

もちろん重度の肩こりの場合は早急に病院や接骨院に通い対処しなければいけませんがまずは自分で行えるセルフケアで日々の肩こりの予防、改善を行うのも大切です。

首(前面)のセルフマッサージ

➀鎖骨上部を3本指(人差し指、中指、薬指)で軽く押さえましょう。

➁3本指で押さえたまま首に負担をかけないようゆっくりと後に倒していきましょう。

➂ ➀、➁の順に5回繰り返します。

首(背面) のセルフマッサージ

➀頭蓋骨の下(首から首の付け根)を3本指(人差し指、中指、薬指)で押します。(押して気持ちのいい所を探しましょう。)

➁3本指で押したままにし、その状態で首をゆっくりと前に倒し10秒その状態を維持します。

➂ ➀、➁の順に5回繰り返します。

肩のセルフマッサージ

➀肩でこっている場所を3本指(人差し指、中指、薬指)で押さえる。

➁3本指で押さえたまま、押さえた方向とは逆方向に首を傾ける。

➂ ➀で抑えている腕の肘を反対の手で支えると力が良く伝わります。

④ ➀、➁の順に左右3回ずつ繰り返す。

肩こりのマッサージは血液の循環を良くする効果があるのでセルフマッサージは非常に有効です。

その日の疲れはその日のうちに取るこれを心がけて行きましょう!

肩こりや首こりに効く解消法とは!?ひどい右肩こりは危険信号!?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ