肩こりや首こりに効く解消法とは!?ひどい右肩こりは危険信号!?

 1x1.trans 肩こりや首こりに効く解消法とは!?ひどい右肩こりは危険信号!?

肩こりや首こりは現代社会で多くの人達が抱える悩みの症状です。放っておくと頭痛やめまい気力低下、不眠、手の痺れ、顔のむくみ、耳鳴り、胃痛、胸焼け、吐き気、肌や毛髪のトラブル等の症状も引き起こす肩こり・首こり。

ただの肩こり・首こりと侮って放置していると取り返しのつかない症状の解消法をお伝え致します!

Sponsored Links

 

肩こり・首こりの原因とは!?どっちの方がツライの?

 

そもそも「肩こり・首こりという症状が何故現れるのでしょうか?」、日常生活や精神的なものものと外的要因、内的要因は様々ですが直接の原因として2つ挙げられます。

それは血液循環の悪化(血行不良)と疲労物質の蓄積です。

 

血液循環の悪化(血行不良)

首や肩の筋肉が緊張状態にあると人は血液の循環が悪くなります。特に脳に直接血液を送る首の周囲にある4本の血管(椎骨動脈)は非常に重要です。

そして血液の循環が悪くなると筋肉に酸素が行き届かず酸素不足に陥ります。

疲労物質の蓄積

疲労物質の蓄積は酸素不足が原因でこの症状に陥ると体内の筋肉の痛み・疲労に繋がる体内物質が蓄積されこの蓄積された疲労物質が肩こりの原因となります。

又、血液の循環が悪くなると、体内の老廃物の排出機能が著しく低下し脳に血液が送られなくなり、頭痛やめまいの原因となります。

肩こりより首こりのほうがツライ?

学説的、体感的説で首こりの方が症状として重いといわれています。

理由➀首と自律神経は密に繋がっています。首こりの症状がおこると自律神経血流障害・物理的負荷が起こり正常に機能出来ず自律神経失調症を引き起こす可能性があります。

理由➁脳の感覚を担う大後頭神経・大耳介神経・小耳介神経と首の神経は繋がっており首こりで神経を圧迫することにより頭痛、めまい、吐き気の原因となります。

理由➂自律神経失調症や、頭痛、めまい、吐き気を起こすとそこから今度は精神的な症状を合併して発症しかねません。

以上のことより肩こりより首こりの方が苦痛を感じる人が多いと言われています

 

ひどい右肩こりの原因は身体の危険信号!?

1x1.trans 肩こりや首こりに効く解消法とは!?ひどい右肩こりは危険信号!?

Sponsored Links

肩こりにも様々な症状がありますがその中の一つに右の肩こりというものがあります!これは名前の通り右肩だけがこっているもので、左肩だけがこる人より圧倒的に多い症状です。

これは右側に重心を置いたり意識を置いている人が多い為です。ようは右手、右肩の方が多く日常生活で使っているという事なのです!

 そして注意して欲しいのは右肩の肩こりは肝臓や胆嚢などの内蔵疾患の危険性があります!

 肝臓や胆嚢と右の大胸筋は神経で繋がっている為、内蔵機関に疾患があると右肩から肩甲骨や腹部に痛みが走る場合も。

右肩に違和感がある場合も早急に医療機関での診察をオススメします。

 

肩こり・首こりに必要な4つの解消法とは!?

1x1.trans 肩こりや首こりに効く解消法とは!?ひどい右肩こりは危険信号!?

肩こり・首こりは日常生活で自分で気づかず負担をかけているもの!

そこで肩こり・首こりに負担をかけない解消法のポイントを4つ紹介します!

 ➀血液循環の改善

血液循環が機能しないと不労物質が溜まってしまいます。血液の流れを良くし体中に酸素を送り届ける事が重要です。マッサージ、ストレッチ、食事改善を行う事で解消につながります!

➁姿勢の改善

デスクワークなど常に同じ姿勢で長時間いる人は姿勢や体勢を定期的に変えたり身体を解す事で解消につながります!

➂精神的安定

精神的緊張状態に筋肉は強張り、首周りの筋肉が硬直してしまうのでストレスは溜めないことが大事です!ストレスの解消を心がけましょう!

 ④運動不足の改善

首、肩周りの血液循環を運動することで良くする事が出来ます!日頃からストレッチやウォーキング、体操などを行い、血液循環を良くし筋力低下も防止しましょう!

肥満 も体に負担をかけ肩こり・首こりの原因になっていますので、やはり運動の必要性があります。

それでも改善しない場合は?

重度の肩こり・首こりは重大な症状を引き起こす可能性もありますので面倒だからと放置せず、早急に医療機関での診察をオススメ致します!

 ⇒肩こりにはマッサージ!自分で効果的に行う方法とは?

最後に

肩こり・首こりの症状に悩まされながらも軽視し問題を先送りにするケースが多く見られます!首こり、肩こりは重大な疾患に繋がる恐れのある危険性がある事を意識し、早期改善を心がけ、健康的な日常生活を過ごしましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ