眼精疲労の症状に頭痛、腎臓、歯痛、肩こり?予防と対処方法とは?

1x1.trans 眼精疲労の症状に頭痛、腎臓、歯痛、肩こり?予防と対処方法とは?昔に比べ「目の疲れ」からくる目の異変、更には神経系の症状に悩まされる人が増えています。

その背景にパソコン・タブレット、携帯電話の復旧やデスクワークの酷使による疲れなどがあります。

パソコン・タブレット、携帯電話は現代社会において必需品であり、どれか一つは持っていると思われます。

特にパソコンを使ったデスクワークは長時間画像を見続けるので目の負担が非常に大きいもの。

Sponsored Links

 

眼精疲労の症状には頭痛、腎臓、歯痛、肩こり等様々!

1x1.trans 眼精疲労の症状に頭痛、腎臓、歯痛、肩こり?予防と対処方法とは?

目の疲れと眼精疲労、一見同じように思われますが実は2つの症状は異なるものなのです。

まず共通点として、目がショボショボする、目の奥が痛い、光を眩しく感じる、ものがかすむ、視野が極端に狭くなる等の自覚症状があります。

この場合、一晩ぐっすり寝て治るのであれば問題ありませんが、眼精疲労の場合はぐっすり寝ても治らなかったり、

一時的に回復するが症状の再発します。

現在、一晩ぐっすり寝て治る人もこの状況を放置していると、目の疲れが眼睛疲労になる可能性があります。

眼睛疲労が悪化すると頭痛、腎臓、腰痛、腹痛、歯痛、肩こり、吐き気、イライラなど目から体や神経に症状が出始めます。

 

主な原因

 ・目の使いすぎ

 パソコンや携帯など長時間使用により目を酷使しすぎが原因です。

・目の病気 (近視・乱視・老眼・)

 視力が悪い、コンタクトやメガネの度が合っていない場合も眼睛疲労の原因になりえます。

・ドライアイ

 眼球表面の乾燥が原因、パソコンや携帯を長時間使用する人は瞬き回数が減りなりやすい傾向。

緑内障・白内障・眼位異常

視力低下、眼痛、頭痛の原因でありますが眼睛疲労も引き起こします。

精神的ストレス

高血圧・血行障害・胃潰瘍以外にも眼睛疲労の原因となります。

・加齢

年齢と共に視力が落ちていきます。

Sponsored Links

視力が落ちるとモノが霞んで見えたりして、姿勢が前かがみになります。

姿勢が悪いので首こりや肩こり、眼睛疲労の原因となります。

 

 眼睛疲労の予防と対策とは?

1x1.trans 眼精疲労の症状に頭痛、腎臓、歯痛、肩こり?予防と対処方法とは?

予防対策

・睡眠

 眼睛疲労の原因に睡眠不足があります。睡眠はしっかりととりましょう。

 ・目の病気を確認する

  ドライアイ、緑内障・白内障・眼位異常などの病気ではないか眼科で検査をしましょう

 病院によってはビタミンを含んだ点眼などしてもらえ症状改善する場合もあります。

・コンタクト・メガネを変える

  コンタクトレンズとメガネの度が合ってない場合があるのでメガネ屋さんで確認や交換をしましょう。

・温冷リフレッシュ

暖かいタオルや冷えたタオルで目の周辺の血行を良くしましょう。

・精神的ストレスをためない

仕事などでストレスを溜めすぎないよう注意し趣味やスポーツを行いストレスを無くそう。

・仕事環境を改善

パソコン前では発色の調整をしましょう。

画面高さも高すぎず目線の下ぐらいに設置しましょう。

長時間の作業を行う場合は時折、休憩を入れましょう。

空気の乾燥はドライアイのもとなので空調管理にも注意

タバコの煙も無関係ではないので注意

・ツボを押す

目の近くにある晴明、承泣瞳子りょう太陽というツボを眼球に傷を付けないよう気をつけながら

指を滑らせマッサージしましょう。

眉とおでこの間のツボ、陽白、眉頭にあるツボ、攅竹は目のかすみを解消のマッサージにいいでしょう

目の充血解消には太陽承泣というツボをマッサージしましょう。

首から肩にかけて血流を促すツボの天柱風池肩井をマッサージすると肩や首まわしの血の巡り

が改善されます。

目の充血解消には太陽承泣というツボをマッサージしましょう。

・食事改善

ビタミンCを多く含む食材を積極的に摂取しましょう、特に野菜や果物に豊富に含まれています。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ