べたつく汗の原因、ダイエットにも効果のある体質改善とは!?

1x1.trans べたつく汗の原因、ダイエットにも効果のある体質改善とは!?

汗は何故でるのか?

 

季節が夏になり気温が上がるとどうしても出てくるもの・・・・それは汗

では何故、汗がでてくるかというと実は人間の機能としてとても重要な役割を果たしているのです。

ずばり、脳を守るためなのです。

Sponsored Links

汗と脳・・・と言われても簡単に結びつかないと思われますので補足させて頂くと

人間は年月を重ね高度に発達してきました。しかし熱に対する耐性はなくものすごく弱いんですよ。

例えば自分の平熱が1℃上がったとします。頭がボーとしてきませんか?

2℃、3℃上がれば頭がクラクラして立ちあげれない場合もあります。それくらい熱に弱いんですね。

だから人は体温が上がるとの脳が危険信号を出し、体内から汗をだし体温調整を行っているのです。

まず前提として汗をかくという事は人が生きる上で非常に大事な役割をはたしているのです。

 

ベタつく汗とサラサラの汗

1x1.trans べたつく汗の原因、ダイエットにも効果のある体質改善とは!?

一重に汗といっても実は2種類の汗があります。

それはいい汗と悪い汗です。

昔は汗をかいてもサラサラしてそんなにニオワなかったのに、最近、汗がベタベタして、ニオイがキツくなった・・・と思い当たる方もおられるんではないでしょうか?

年齢や生活環境が変わる事で人は良い汗から悪い汗に変化してしまうもの。

良い汗とは体内の循環がよく、汗をかくときに体内のいらない毒素を輩出し必要なミネラル分をほとんど体内に残します。主に運動をする人や子供の汗です。

ベタつかずニオイも少なくすぐに乾きます。しっかりと体温を下げる働きをします。

悪い汗とは体内の循環が悪く、汗をかくときに体内に必要なミネラル分を大量にだしミネラル分が体内に残りません。主に運動不足の人や中年の汗です。

ベタベタしてニオイも強くなかなか乾きません。体温を下げる機能が低い。

 

若者にも悪い汗の増加傾向

Sponsored Links

最近では20代、30代でも悪い汗をかく人が増加傾向にあると言われており、 主な原因として睡眠不足、運動不足、食生活の乱れ、ストレスによる自律神経の乱れ、冷房の使いすぎによる温度調節機能の不調 などがあります。 もしも思い当たる節がある場合、悪い汗をかく原因の改善が必要となります。

体質は変えられる?ダイエット効果にも・・・

1x1.trans べたつく汗の原因、ダイエットにも効果のある体質改善とは!?

良い汗、悪い汗の違いは分かってきたと思いますがさらに2つの汗のは違いがあります。

詳しい説明は又、次の記事にてご説明いたしますが、

それは、

良い汗は痩せる汗

悪い汗は太る汗

なのです!

ただし今現在、悪い汗体質の人でもしっかりと体質改善に取り組めば良い汗に変わりますのでご安心下さい。

それでは良い汗を出すためにするべき事をいくつかご説明していきたいとおもいます。

食事の改善

・偏った食事はやめ、様々な種類の食品を取りましょう!栄養バランスが大事です。(低脂肪 ・植物性の食品 ・和食など)

・緑黄色野菜や海藻類などのミネラル分を含んだ食材や牡蠣、レバー、うなぎなどを積極的に摂取しましょう。

・運動後や汗をかいたら水分、ミネラル補給は行う

・規則正しい食生活をしましょう。間食や偏食に注意

・香辛料の取りすぎは辞めましょう

・食物繊維をたっぷり含んだ豆類、こんにゃく、海藻などを摂取しよう

生活の改善

・冷房はなるべく使わない(もしも使用する場合は外気度差を5℃以内に抑える)

・定期的にウォーキングや適度な運動をして日頃から汗をかくようになれば汗腺が鍛え上げられ良い汗が出るようになります。

・シャワーではなく湯船にしっかりと浸かる。

・半身浴も効果的でお風呂のお湯の温度を40℃弱にし、お湯を胸の下あたりまでためて20分程浸かりましょう。

 ⇒夏の臭い(ニオイ)対策!汗を抑える方法とは!?

最後に・・・

冒頭にも書きましたが汗は決して悪いものではなく人間に必要な機能です。

生活習慣を改善し良い汗をかくことで健康に繋がります。

汗とどううまく付き合っていくのか一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ